保護観察官:人気の国家資格取得@通信講座・スクールナビ

保護観察官の試験情報について

資格名 保護観察官
資格の概要 平成24年度から全面的に見直される国家公務員採用試験の、法務省専門職員の7種類の専門職の中の一つ
保護観察官とは、犯罪をした人や非行のある少年に対して,通常の社会生活を行わせながら、その円滑な社会復帰のために指導・監督を行う専門家
資格の種類 国家資格
受験資格 1.受験をする年の4月1日における年齢が、21歳以上30歳未満の者
2.受験をする年の4月1日における年齢が、21歳未満の者で次に掲げるもの
a.大学を卒業した者及び試験年度の3月までに大学を卒業する見込みの者、並びに人事院がこれらの者と同等の資格があると認める者
b.短期大学又は高等専門学校を卒業した者、及び試験年度の3月までに短期大学又は高等専門学校を卒業する見込みの者、並びに人事院がこれらの者と同等の資格があると認める者
願書受付・方法等 4月上〜中旬頃の2週間程度
受験区分等 保護観察官
試験期日 ◆第1次試験:6月中旬
◆第2次試験:7月中旬頃の2日間
試験科目・
内容・方法等
◆第1次試験・基礎能力試験(多肢選択式):[解答数40題]
公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験
・知能分野[27題]
文章理解 11題、判断推理 8題、数的推理 5題、資料解釈 3題
・知識分野[13題]
自然・人文・社会 13題(時事を含む)
◆第1次試験・専門試験(多肢選択式):[解答数40題]
法務省専門職員(人間科学)として必要な専門的知識などについての筆記試験
・心理学、教育学、福祉及び社会学に関する基礎 [40題出題]
心理学 10題、教育学 10題、福祉 10題、社会学 10題
◆第1次試験・専門試験(記述式):[解答数1題]
法務省専門職員(人間科学)として必要な専門的知識などについての筆記試験
[選択問題] 次の領域から1題ずつ計4題出題、任意の1題選択
・心理学に関連する領域
・教育学に関連する領域
・福祉に関連する領域
・社会学に関連する領域
◆第2次試験・人物試験
人柄、対人能力などについての個別面接(参考として性格検査を実施)
◆第2次試験・身体検査
主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む)、尿、その他一般内科系検査
◆第2次試験・身体測定
視力についての測定
試験時間 ◆第1次試験・基礎能力試験(多肢選択式):2時間20分
◆第1次試験・専門試験(多肢選択式):2時間20分
◆第1次試験・専門試験(記述式):1時間45分
合格基準・合格率
・レベル等
【配点比率】
◆第1次試験・基礎能力試験(多肢選択式):2/10
◆第1次試験・専門試験(多肢選択式):3/10
◆第1次試験・専門試験(記述式):3/10
◆第2次試験・人物試験:2/10
◆第2次試験・身体検査:合否判定のみ
◆第2次試験・身体測定:合否判定のみ
(注)第1次試験の合格は基礎能力試験及び専門試験(多肢選択式)の結果によって決定
専門試験(記述式)は第1次試験合格者を対象として評定した上で、最終合格者の決定に反映
合格発表 ◆最終合格発表:8月下旬頃
受験料 無料
試験場所 各地の人事院事務局にてご確認を!
実施団体等 各地の法務省矯正管区
各地の人事院事務局
管轄 人事院・法務省

 

ユーキャンの通信講座
ユーキャン

保護観察官に関する本等