初生雛鑑別師:人気の国家資格取得@通信講座・スクールナビ

初生雛鑑別師試験情報について

資格名 初生雛鑑別師試験
資格の概要 初生雛鑑別師(しょせいびなかんべつし)とは、ニワトリのヒナの性別を区別するために特別な訓練を受け、所定の国家試験を合格した者で、まずは初生雛鑑別師養成所に入所し、修了後に研修等を経て試験を受け資格を取得する
資格の種類 国家資格
受験資格 ◆予備試験
・鑑別師養成所の初等科、補修科、特別研修科を終了した者
◆高等考査
・予備試験の合格者に限る
◆海外斡旋鑑別師考査
・高等鑑別師の登録を受けた者
◇入所資格
・25歳以下で高校卒業、または同等以上の資格のある者
・身体強健で、視力1.0以上(矯正可)の人
養成所に入所してから、鑑別師の資格を得るまでの手順としては、
1.養成所の初等科(4月1日入所)で、ひなの雌雄鑑別についての理論と技術、および養鶏全般についての知識を修得(5ヶ月間)
2.初等科修了者以外の人を対象とした特別講習である[特別研修科]で学ぶ(2ヶ月間)
3.鑑別研修生として、ふ化場で鑑別の研修を受ける(1年〜2年)
4.高等考査に合格してはじめて鑑別師の資格を得ることができる
尚、高等考査に受かるまでは個人差があり、通常は1〜2年、早い人で1年足らず
願書受付・方法等 社団法人 畜産技術協会にご確認下さい
受験区分等 予備試験、高等考査
試験期日 ◆入所試験
毎年2月中旬
◆資格認定のための検定試験(予備考査と高等鑑別師考査)
通常春と秋の年2回
試験科目・
内容・方法等
◆入所試験
・学科考査(一般教養、適性試験、作文)
・面接考査
・書類審査
◆予備試験
・供試雛の種類
卵用種
・供試雛の羽数
300羽(各100羽×3)
◆高等考査
・供試雛の種類
卵用種
・卵用種及び肉用種
400羽(卵用種300羽、肉用種100羽)(各100羽×4)
試験時間 ◆予備試験
・所要時間
30分(但し各100羽 12分以内)
◆高等考査
・所要時間
400羽 36分以内(但し各100羽 10分以内)
合格基準・合格率
・レベル等
◆予備試験
・合格基準
[鑑別率]:
平均96%以上(但し各100羽 95%以上)
[得点]:
平均92,4000点以上、但し各100羽、907,250点以上
◆高等考査
・合格基準
[鑑別率]:
平均99%以上(但し卵用種各100羽 98%以上、肉用種97%以上)
[得点]:
卵用種 各100羽、95.5000点以上
肉用種 各100羽、94.5000点以上
合格発表 社団法人 畜産技術協会にご確認下さい
受験料 ◆入所試験:10,000円
所費用および諸経費等で100万円〜
◆予備試験:66,000円
◆高等考査:75,000円
試験場所 名古屋
実施団体等 社団法人 畜産技術協会
管轄 厚生労働省