調理師試験:人気の国家資格取得@通信講座・スクールナビ

調理師試験情報について

資格名 調理師試験
資格の概要 調理師とは、調理師法に基づいて都道府県知事が行う調理師試験に合格し、都道府県に備え付けの調理師名簿に登録された者
業務そのものは資格がなくても行うことができるが、有資格者以外は名乗ることが出来ない名称独占資格
資格の種類 国家資格
受験資格 [学歴]
次のいずれかに該当すること
・中学校卒業以上の者
学校教育法(昭和22年法律第26号)第57条の規定に基づき、高等学校の入学資格を有する者
・旧制国民学校高等科又は旧制中学校2年の課程を修了した者、又は厚生労働大臣が同等と認める者
[職歴]
上記の学歴修了後、次のいずれかの施設で2年以上調理業務に従事した者
・飲食店営業
旅館、簡易宿泊所を含む
・魚介類販売業
販売のみで調理工程を認められていないものは除く
・そうざい製造業
煮物(つくだ煮を含む)、焼物(炒め物を含む)、揚物、蒸し物、酢の物又は和え物を製造する営業
・学校、病院、寮などの給食施設
継続して1回20食以上、又は1日50食以上調理している施設
※実務経験として認められないケースもあるのでご確認を
◆厚生労働大臣が指定する調理師養成施設(いわゆる調理師専門学校)を卒業することで、試験を受けることなく資格を得ることも可能
願書受付・方法等 各都道府県ごとに異なる
受験区分等 調理師試験
試験期日 各都道府県ごとに異なる(通常年1回)
大阪府、京都府、神奈川県では年2回
試験科目・
内容・方法等
[試験形式]:筆記試験(マークシート方式)
・衛生法規
・食文化概論
・栄養学
・公衆衛生学
・食品学
・食品衛生学
・調理理論
※各都道府県ごとの実施になるので、問題もまちまちである
試験時間 120分
合格基準・合格率
・レベル等
合格の目安は、全7科目の合計点が60%以上
ただし、1科目でもその平均点を大きく下回る場合は、不合格となる
合格発表 試験日から1ヶ月後前後
受験料 各都道府県ごとに異なる
東京:6,300円
試験場所 各都道府県指定の試験場
実施団体等 各都道府県
社団法人 調理技術技能センター
管轄 厚生労働省

 

ユーキャンの通信講座
調理師講座