航空特殊無線技士:人気の国家資格取得@通信講座・スクールナビ

航空特殊無線技士の資格試験情報について

資格名 航空特殊無線技士
資格の概要 航空特殊無線技士とは、航空運送事業用以外の航空機に開設された航空機局や、この航空機と通信を行う航空局で通信する者が取得するための資格
航空無線通信士の下位にあたる資格で、総務省の無線従事者資格の一つであり、財団法人日本無線協会が実施する国家試験に合格することによって免状の交付が受けられます。
また、指定された養成課程・長期型養成課程を修了することでも、資格の取得ができます。
尚、航空特殊無線技士の操作範囲は、下記の通りです。
・航空機(航空運送事業の用に供する航空機を除く)に施設する無線設備及び航空局(航空交通管制の用に供するものを除く)の無線設備で、次に掲げるものの国内通信のための通信操作(モールス符号による通信操作を除く)、並びにこれらの無線設備(多重無線設備を除く)の外部の転換装置で電波の質に影響を及ぼさないものの技術操作
1.空中線電力50W以下の無線設備で25010kHz以上の周波数の電波を使用するもの
2.航空交通管制用トランスポンダで上記に掲げるもの以外のもの
3.レーダーで1.に掲げるもの以外のもの
※短波帯の無線設備は操作できない
※アマチュア無線技士の操作範囲の操作は行う事ができない
資格の種類 国家資格
受験資格 特に制限はなし
[一部科目免除制度]:
・陸上無線技術士は無線工学が免除
願書受付・方法等 インターネット受付
@4月上旬〜下旬頃まで
A8月上旬〜下旬頃まで
B12月上旬〜下旬頃
郵送受付
@4月上旬〜下旬頃まで
A8月上旬〜下旬頃まで
B12月上旬〜下旬頃
受験区分等 航空特殊無線技士
試験期日 @6月上旬〜中旬頃
A10月下旬頃
B2月上旬〜中旬頃
試験科目・
内容・方法等
◇筆記試験:[マークシート・多肢選択方式]
1.無線工学:[12問]
・線設備の取扱方法(空中線系及び無線機器の機能の概念を含む)
2.法規:[12問]
・電波法及びこれに基づく命令の簡略な概要
◇実技試験[電気通信術]:
1.電話
・1分間50字の速度の欧文による約2分間の送話及び受話
※科目合格制度は規定されていないため、一度の試験で全ての科目に合格しなければならない。
試験時間 ◆第三級:
◇筆記試験:
1.無線工学:1時間
2.法規:1時間
◇実技試験[電気通信術]
合格基準・合格率
・レベル等
◇筆記試験:
1.無線工学:60満点中 40点が合格
2.法規:60満点中 40点が合格
※合格率 75%前後
合格発表 試験終了約1ヵ月後
受験料 5,450円
試験場所 東京都、札幌市、仙台市、長野市、金沢市、名古屋市、大阪市、広島市、松山市、熊本市、那覇市
実施団体等 財団法人 日本無線協会
管轄 総務省

航空特殊無線技士試験の関連問題集等