貸金業務取扱主任者:人気の国家資格取得@通信講座・スクールナビ

貸金業務取扱主任者の資格試験情報について

資格名 貸金業務取扱主任者
資格の概要 貸金業務取扱主任者とは、国家試験である貸金業務取扱主任者資格試験に合格し主任者登録を完了した者で、貸金業者は法令で定める人数(貸金業務に従事する者のうち50人に1人以上配置)の貸金業務取扱主任者を、営業所又は事務所毎に設置する必要があります。
貸金業務取扱主任者は、営業所又は事務所において、貸金業の業務に従事する使用人その他の従業者に、貸金業に関する法令の規定を遵守して、貸金業の業務を適正に実施するために必要なものを行わせるための助言又は指導を行う事となっています。
資格の種類 国家資格
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍などの制限はなし
願書受付・方法等 7月上旬〜9月上旬頃
受験区分等 貸金業務取扱主任者
※貸金業務取扱主任者になるためには、資格試験に合格し、主任者の登録申請を行い、登録完了の通知を受領して初めて、貸金業務取扱主任者として活動することができます。
試験期日 11月下旬の休日
試験科目・
内容・方法等
試験形式:4肢択一 マークシート方式
試験科目全体の問題数:50問
1.法及び関係法令に関すること:22〜28問
2.貸付け及び貸付けに付随する取引に関する法令及び実務に関すること:14〜18問
3.資金需要者等の保護に関すること:4〜6問
4.財務及び会計に関すること:2〜4問
※上記の科目別出題数は、あくまでも目安
試験時間 2時間
合格基準・合格率
・レベル等
◆合格基準点:50問中30問正解
2010年(平成22年度)の合格率:32.9%
[合格者数] 3,979人/[受験者数] 12,081人
合格発表 1月中旬
受験料 8,500円
試験場所 札幌、仙台、千葉、東京、埼玉、横浜、高崎、名古屋、金沢、大阪、京都、神戸、広島、高松、福岡、熊本、沖縄
実施団体等 日本貸金業協会
管轄 金融庁

 

インディビジョン[スクール]弁理士