火薬類製造保安責任者:人気の国家資格取得@通信講座・スクールナビ

火薬類製造保安責任者の資格試験情報について

資格名 火薬類製造保安責任者
資格の概要 火薬類製造保安責任者とは、火薬類の製造に係る保安に関し、製造施設又は製造方法の基準適合状況、危害予防規程の遵守状況の監督等を行う際の、火薬類による災害防止の知識・技術を有する専門家
資格試験は社団法人 全国火薬類保安協会(丙種のみ都道府県火薬類保安協会)によって実施され、甲種および乙種は経済産業大臣、丙種は都道府県知事から免状が発行される、経済産業省管轄の国家資格です。
また、火薬類製造保安責任者は、火薬類の製造数量及び種類によって選任する種別が決められ、下記の場合について選任することになっています。
◆甲種
・製造において、火薬及び爆薬1日1t以上、硝安油剤爆薬1日7t以上、起爆薬1日50kg以上
・変形及び修理において火薬、爆薬及び火工品(信号えん管、信号火せん及び煙火を除く)1日1t以上
◆乙種
・製造において火薬及び爆薬1日1t未満、硝安油剤爆薬1日7t未満、起爆薬1日50kg未満 火工品(信号えん管、信号火せん及び煙火を除く)、信号えん管、信号火せん及び煙火1日300kg以上
・変形及び修理において火薬、爆薬及び火工品(信号えん管、信号火せん及び煙火を除く)1日1t未満
◆丙種
・製造において信号えん管、信号火せん及び煙火1日300kg未満
・変形及び修理において信号えん管、信号火せん及び煙火
資格の種類 国家資格
受験資格 学歴、実務経験、年齢等制限はありません。
※火薬類に対する知識又は一般的な工学上の知識について習得したとみなされる者に対しては、特定の試験科目の免除を申請することができます。
※甲種または乙種火薬類製造保安責任者の資格を保有する者は、申請により無試験で甲種または乙種火薬類取扱保安責任者の資格を取得することが可能です。
願書受付・方法等 甲種・乙種:8月下旬頃の一週間程
丙種:6月中旬〜下旬頃の10日間程
受験区分等 火薬類製造保安責任者
試験期日 甲種・乙種:11月上旬(2日間)
丙種:8月下旬頃
試験科目・
内容・方法等
◆甲種:
[1日目]
1.火薬類取締に関する法令
2.火薬類製造工場保安管理技術
3.火薬類製造方法
[2日目]
4.火薬類性能試験方法
5.火薬類製造工場に必要な機械工学電気工学及び機械工学大要
6.一般教養(数学、物理学、化学、外国語、国語、社会科)
◆乙種:
[1日目]
1.火薬類取締に関する法令
2.火薬類製造工場保安管理技術
3.火薬類製造方法
[2日目]
4.火薬類性能試験方法
5.火薬類製造工場に必要な機械工学電気工学及び機械工学大要
6.一般教養(数学、物理学、化学、外国語、国語、社会科)
◆丙種:
a.火薬類取締に関する法令
b.火薬類製造工場保安管理技術
c.火薬類製造方法
d.火薬類性能試験方法
e.一般教養(数学、物理学、化学、外国語、国語、社会科)
[科目免除制度]
◇火薬学に関し工学博士の学位を有する者
[甲種・乙種]:上記の3.4.5.6.の科目が免除
[丙種]:上記のb.c.d.e.の科目が免除
◇大学の工業化学に関する学科において火薬学を専修して卒業した者
[甲種・乙種]:上記の3.4.5.6.の科目が免除
[丙種]:上記のb.c.d.e.の科目が免除
◇大学、高等専門学校、高校で工業化学に関する学科を専修して卒業した者
[甲種・乙種]:上記の5.6.の科目が免除
◇大学、高等専門学校、高校を卒業し、機械工学及び電気工学を修得した者
[甲種・乙種]:上記の5.6.の科目が免除
◇高等学校以上の学校を卒業した者
[甲種・乙種]:上記の6.の科目が免除
[丙種]:上記のe.の科目が免除
試験時間 ◆甲種・乙種
[1日目]
◇火薬類取締に関する法令:1時間30分
◇火薬類製造工場保安管理技術:1時間30分
◇火薬類製造方法:1時間30分
[2日目]
◇火薬類性能試験方法:1時間30分
◇火薬類製造工場に必要な機械工学電気工学及び機械工学大要:1時間30分
◇一般教養:1時間30分
◆丙種:2時間30分
合格基準・合格率
・レベル等
◆甲種:各課目とも概ね60点以上
◆乙種:各課目とも概ね60点以上
◆丙種:一般教養科目は概ね50点以上、その他の科目は概ね60点以上
[合格率]
◆甲種:15〜20%前後
◆乙種:15〜20%前後
◆丙種:30〜40%前後
合格発表 ◆甲種・乙種:12月上旬頃
◆丙種:10月中旬頃
受験料 ◆甲種:25,900円
◆乙種:25,900円
◆丙種:17,000円
試験場所 ◆甲種:25,900円
◆乙種:25,900円
◆丙種:17,000円
実施団体等 社団法人 全国火薬類保安協会
都道府県火薬類保安協会
管轄 経済産業省

火薬類製造保安責任者関連本