鋼橋架設等作業主任者:人気の国家資格取得@通信講座・スクールナビ

鋼橋架設等作業主任者の資格試験情報について

資格名 鋼橋架設等作業主任者
資格の概要 鋼橋架設等作業主任者とは、橋梁の上部構造であって、高さが5m以上であるもの又は当該上部構造のうち橋梁の支間が30m以上である部分に限り金属製の部材により構成されるものにおいて架設、解体又は変更の作業を行う際に労働災害の防止を行う責任者
都道府県労働基準協会等が実施する「鋼橋架設等作業主任者技能講習」を修了する事によって作業主任者(国家資格)の免状が与えられる。
資格の種類 国家資格
受験資格 1.橋梁の上部構造であって、金属製の部材により構成されるものの架設、解体又は変更の作業に関する作業に3年以上従事した経験を有する者
2.学校教育法による大学、高等専門学校又は高等学校において土木、建築に関する学科を専攻して卒業した者で、その後2年以上鋼橋架設等の作業に従事した経験を有する者
3.次の各号に掲げる者で当該訓練を修了した後、2年以上鋼橋架設等の作業に従事した経験を有する者
a.職業能力開発促進法に定める建築施工系とび科の訓練を修了した者
b.改正前の職業能力開発促進法の準則訓練である養成訓練のうち、とび科の訓練、職業訓練法の準則訓練である養成訓練として行われたもの、及び改正前の職業訓練法の養成訓練を修了した者
c.職業能力開発促進法の準則訓練である普通職業訓練のうち、とび科の訓練、旧能開法の準則訓練である能力再開発訓練として行われたもの、訓練法の準則訓練である能力再開発訓練として行われたもの、及び旧訓練法の能力再開発訓練を修了した者
d.職業訓練法施行規則に規定する専修訓練課程の普通職業訓練のうち、改正前の職業訓練法施行規則に定めるとび科の訓練を修了した者
願書受付・方法等 講習実施先にご確認ください!
受験区分等 鋼橋架設等作業主任者技能検定
試験期日 講習実施先にご確認ください!
試験科目・
内容・方法等
◆講習内容:
1.鋼橋架設等作業の方法に関する知識
2.工事用設備、機械、器具、作業環境に関する知識
3.作業環境等に関する知識
4.作業者に対する教育等に関する知識
5.関係法令
◇修了試験
試験時間 ◆講習内容
◇鋼橋架設等作業の方法に関する知識:5時間
◇工事用設備、機械、器具、作業環境に関する知識:1.5時間
◇作業環境等に関する知識:1.5時間
◇作業者に対する教育等に関する知識:1.5時間
◇関係法令:1.5時間
◇修了試験:1時間
※すでに所有する資格等により、講習科目一部免除される場合がありますので、講習実施先にご確認ください!
合格基準・合格率
・レベル等
講習実施先にご確認ください!
合格発表 講習実施先にご確認ください!
受験料 10,000円程度(教材費別途)
※科目免除・所持免許・実施機関により異なります。
試験場所 全国各地
実施団体等 各都道府県の指定教習機関
都道府県労働局
労働基準監督署
都道府県労働基準協会など
管轄 厚生労働省

鋼橋架設等作業主任者関連商品等