砂利採取業務主任者:人気の国家資格取得@通信講座・スクールナビ

砂利採取業務主任者の資格試験情報について

資格名 砂利採取業務主任者
資格の概要 砂利採取業務主任者とは、「砂利採取法」に基づいて砂利の採取に伴う災害を防止したり、砂利採取の計画や変更、砂利採取場において、採取計画に従って、砂利の採取が行われるよう監督したり、砂利の採取に従事する者に対する砂利の採取により生じる災害の防止に関する教育の立案、実施もしくはその監督を行ったりする専門家の事
各都道府県ごとに試験を実施している、経済産業省管轄の国家試験
資格の種類 国家資格
受験資格 特に制限なし
願書受付・方法等 詳細は、各都道府県の担当課にてご確認下さい!
受験区分等 砂利採取業務主任者試験
試験期日 詳細は、各都道府県の担当課にてご確認下さい!
試験科目・
内容・方法等
1.砂利の採取に関する法令:
問題数10問(必須問題)
2.砂利の採取に関する技術的な事項(基礎的な土木及び河川工学に関する事項を含む):
問題数15問(7問は必須問題・残りから3問を選択)
試験時間 2時間
合格基準・合格率
・レベル等
合格基準は総得点が130点以上で、かつ法令問題及び技術問題の正解が各々60点以上
都道府県・年度によりかなり異なるが、合格率は25〜40%程度
合格発表 詳細は、各都道府県の担当課にてご確認下さい!
受験料 8,000円(収入印紙)
試験場所 各都道府県で設置する試験場
実施団体等 各都道府県 砂利担当課
管轄 経済産業省

砂利採取業務主任者関連のお勧め参考書等