2級建設機械施工技士:人気の国家資格取得@通信講座・スクールナビ

2級建設機械施工技士の資格試験情報について

資格名 2級建設機械施工技士
資格の概要 建設機械施工技士は、土木工事/舗装工事/とび・土工工事/許可業者・施工技術者のための、施工管理技士国家資格のうちの1つで、建設工事の機械化施工に従事する技術者の技術の向上を図ることを目的とし、建設業法第27条第1項に基づき国土交通大臣指定機関が実施する国家試験
また、この技術検定合格者については、建設業法で定められた専任技術者(建設業許可)主任技術者・監理技術者(現場常駐)としての資格も付与されています。
資格の種類 国家資格
受験資格 【試験の種別】
◇第1種:
ブルドーザー、トラクター・ショベル、モーター・スクレーパーその他これらに類する建設機械による施工
◇第2種:
パワー・ショベル、バックホウ、ドラグライン、クラムシェルその他これらに類する建設機械による施工
◇第3種:
モーター・グレーダーによる施工
◇第4種:
ロード・ローラー、タイヤ・ローラー、振動ローラーその他これらに類する建設機械による施工
◇第5種:
アスファルト・プラント、アスファルト・デストリビューター、アスファルト・フィニッシャー、コンクリート・スプレッダー、コンクリート・フィニッシャー、コンクリート表面仕上機等による施工
◇第6種:
くい打機、くい抜機、大口径掘削機その他これらに類する建設機械による施工
※上記6種類のうち、受検資格を満たせば最大2つの種類まで受検が可能
学科試験の時間割の関係上、2 つの種類の組合せは、奇数種別と偶数種別の中から1つずつの選択
(例:第1種と第2種、第3種と第4種)
◆学科試験の受験資格
下記のいずれかに該当する者
1.大学卒業後
◇実務経験年数
・指定学科卒業後:受検しようとする種別に6ヶ月以上で、他の種別の経験を通算して1年以上
・指定学科以外卒業後:受検しようとする種別に9ヶ月以上で、他の種別の経験を通算して1年6ヶ月以上
2.短期大学・高等専門学校卒業後
◇実務経験年数
・指定学科卒業後:次のいずれかに該当
@受検しようとする種別に1年6ヶ月以上
A同上の経験が1年以上1年6ヶ月未満で、他の種別の経験を通算して2年以上
・指定学科以外卒業後:次のいずれかに該当
@受検しようとする種別に2年以上
A同上の経験が1年6ヶ月以上2年未満で、他の種別の経験を通算して3年以上
3.高等学校卒業後
◇実務経験年数
・指定学科卒業後:次のいずれかに該当
@受検しようとする種別に2年以上
A同上の経験が1年6ヶ月以上2年未満で、他の種別の経験を通算して3年以上
・指定学科以外卒業後:次のいずれかに該当
@受検しようとする種別に3 年以上
A同上の経験が2年3ヶ月以上3年未満で、他の種別の経験を通算して4年6ヶ月以上
4.その他の者
◇実務経験年数
・次のいずれかに該当
@受検しようとする種別に6年以上
A同上の経験が4年以上6年未満で、他の種別の経験を通算して8年以上
※[指定学科]:機械工学、土木工学(農業土木、鉱山土木、森林土木、砂防、治山、緑地又は造園に関する学科を含む)、都市工学、衛生工学、交通工学、電気工学又は建築学に関する学科
※2種別同時受験する場合は、それぞれの種別で求められる実務経験の合算になります。
◆実地試験の受験資格
2級の学科試験合格者と前年度の学科試験のみの合格者、及び平成6年度から平成14年度までの2級建設機械施工技術研修修了試験合格者(第1種又は第2種のみ)
【学科免除受検者】
前年度に学科試験に合格したが、実地試験が不合格(欠席を含む)になった者
【実務経験(主な例)】
※建設工事の実施にあたり、建設機械を適確に操作するとともに、建設機械の運用を統一的かつ効率的に行うために必要な技術上のすべての職務経験をいい、具体的には下記に関するものをいいます。
・受注者(請負人)として施工を管理(工程管理、品質管理、安全管理等を含む)、指導・監督した経験(施工図の作成や、補助者としての経験も含む)
・発注者側における現場監督技術者等(補助者も含む)としての経験
・建設機械の運転助手として施工に従事した経験
※なお、施工に直接的に関わらない以下の経験は含まれません
・設計のみの経験
・建設工事の単なる雑務や単純な労務作業、事務系の仕事に関する経験
願書受付・方法等 ◆学科試験:3月上旬〜4月中旬頃
◆実地試験:8月上旬から2週間以内
受験区分等 2級建設機械施工技士
試験期日 ◆学科試験:6月中旬頃
◆実地試験:8月下旬〜9月中旬頃
試験科目・
内容・方法等
【試験科目と試験基準】
◆学科試験:(マークシート方式/択一式)
[共通試験]
◇土木工学:
・建設機械による建設工事の施工に必要な土木工学に関する概略の知識を有すること
・設計図書を正確に読みとるための知識を有すること
◇建設機械原動機:
・建設機械の内燃機関の構造及び機能に関する概略の知識を有すること
・建設機械の内燃機関の運転及び取扱いに関する概略の知識を有すること
・建設機械の内燃機関の衰損、故障及び不調の原因並びにその対策に関する概略の知識を有すること
◇石油燃料:
・石油燃料の種類、用途及び取扱いに関する概略の知識を有すること
◇潤滑剤
・潤滑剤の種類、用途及び取扱いに関する概略の知識を有すること
◇法規:
・建設工事の施工に必要な法令に関する概略の知識を有すること
[第1種〜第6種までの種別試験]
◇建設機械:
・建設機械の構造及び機能に関する一般的な知識を有すること
・建設機械の運転及び取扱いに関する一般的な知識を有すること
・建設機械の衰損、故障及び不調の原因並びにその対策に関する一般的な知識を有すること
◇建設機械施工法:
・建設機械による建設工事の施工の方法に関する一般的な知識を有すること
・建設機械を主にした建設機械の組合せによる建設工事の施工に関する概略の知識を有すること
・建設機械の施工能力の測定に関する一般的な知識を有すること
・建設機械による建設工事の施工の運営及び管理に関する概略の知識を有すること
◆実地試験:
※選択種での所定コース内運転操作
第1種:ブルドーザー
第2種:油圧ショベル(左操作レバー旋回方式)
第3種:モータ・グレーダー
第4種:ロード・ローラー
第5種:アスファルト・フィニッシャー
第6種:アースオーガー
◇建設機械操作施工法
・建設機械の操作を正確に行う能力を有すること
・建設機械の点検及び故障の発見を正確に行う能力を有すること
・建設機械による建設工事の施工を適確に行う能力を有すること
試験時間 ◆学科試験
[共通試験]:1時間
[種別試験]:1時間
合格基準・合格率
・レベル等
◆学科試験の合格率:60〜65%前後
◆実地試験の合格率:90%前後
合格発表 ◆学科試験:8月上旬頃
◆実地試験:11月下旬頃
◇技術検定合格証明書送付:12月中旬頃
受験料 ◆学科試験
1つの種類を受験:10,100円
2つの種類を受験:20,200円
◆実地試験(必ず学科試験合格後に納入する事)
1つの種類を受験:21,600円
2つの種類を受験:43,200円
試験場所 ◆学科試験:
北広島市、仙台市、東京都、新潟市、名古屋市、東大阪市、広島市、高松市、福岡市、那覇市
◆実地試験:
石狩市、多賀城市、栃木県下都賀郡、秩父市、新潟市、小松市、刈谷市、明石市、小野市、広島市、善通寺市、福岡県糟屋郡須恵町、国頭郡
※種別によっては、実地試験を受けられない試験場所があるので前もってご確認を!
実施団体等 社団法人 日本建設機械化協会
管轄 国土交通省

2級建設機械施工技士試験お勧め参考書など