航空従事者:人気の国家資格取得@通信講座・スクールナビ

航空従事者の資格試験情報について

資格名 航空従事者
資格の概要 航空従事者とは、操縦士(パイロット)・航空士・航空機関士・航空通信士および航空整備士等の事を指し、これらの航空従事者になるには、航空業務に必要な知識および能力を判定する、日本の航空法に定められた国家試験に合格し、技能証明書を取得する必要がある
資格の種類 国家資格
受験資格 各資格について、年齢と実務経験など細かい規定があります。
詳細は国土交通省のHP等の情報にてご確認を
願書受付・方法等 地方航空局に申込
受験区分等 航空従事者技能証明
試験期日 年6回
5月、7月、9月、11月、1月、3月
試験により開催時期が異なりますので、ご確認ください。
試験科目・
内容・方法等
下記の資格ごとに、学科試験・実技試験があります。
◆操縦士(パイロット)
・定期運送用操縦士
・事業用操縦士
・自家用操縦士
◆航空整備士
・一等航空整備士
・一等航空運航整備士
・二等航空整備士
・二等航空運航整備士
◆航空工場整備士
◆航空機関士(フライトエンジニア)
◆航空通信士
◆航空士
・一等航空士
・二等航空士
試験時間 詳細は国土交通省のHP等の情報にてご確認を
合格基準・合格率
・レベル等
◆学科試験:
[1問 5点] 100点満点で70点以上
合格発表 官報に記載
受験料 ◆学科試験:5,600円
◆実地試験:試験内容により異なる
試験場所 千歳、岩沼、東京、名古屋、大阪、福岡、宮崎、那覇など
時期・資格等により異なります
実施団体等 国土交通省
管轄 国土交通省

航空従事者試験参考書等