移動式クレーン運転士:人気の国家資格取得@通信講座・スクールナビ

移動式クレーン運転士の資格試験情報について

資格名 移動式クレーン運転士
資格の概要 一定の規模以下の移動式クレーン等については、技能講習又は特別教育を受けることで運転・操作することが可能ですが、一定の規模以上の移動式クレーン等についての運転・操作には、労働安全衛生法に定められた国家資格である移動式クレーン運転士免許試験に合格し免許を取得する必要があります。
但し、この免許は、事業場(作業現場等)での運転・操作のためのものであり、道路交通法上の運転免許ではないため、公道を走行するには移動式クレーンの道交法上の区分に応じた各種の自動車運転免許が別途必要となります。
◆移動式クレーン運転士
吊り上げ荷重が5t以上を含め全ての移動式クレーンを運転・操作することが可能
同じ運転席で走行とクレーン操作が行えるホイールクレーンと運転室と操作室が別個のトラッククレーンに大別される。
◇ホイールクレーン
・ホイールクレーン
・ラフテレーンクレーン
◇トラッククレーン
・トラッククレーン
・積載形トラッククレーン
・レッカー型トラッククレーン
・オールテレーンクレーン
資格の種類 国家資格
受験資格 学歴・経験に係わらず誰でも受験可能だが、免許交付は18歳以上
願書受付・方法等 [郵便]:試験日の2ヶ月前から14日前まで
[窓口]:試験日の2ヶ月前から2日前まで
受験区分等 移動式クレーン運転士
試験期日 @1月中旬頃
A3月上旬頃
B5月中旬頃
C7月中旬頃
D9月中旬頃
E11月上旬頃
試験科目・
内容・方法等
◆学科試験:[100点満点]
・移動式クレーンに関する知識 [10問/30点]
・原動機及び電気に関する知識 [10問/30点]
・関係法令 [10問/20点]
・移動式クレーンの運転のために必要な力学に関する知識 [10問/20点]
◆実技試験:[床上運転式クレーンを使用]
・移動式クレーンの運転
・移動式クレーンの運転のための合図
【科目免除制度】
1.クレーン・デリック(クレーン限定、床上運転式クレーン限定を含む)、旧クレーン(床上運転式限定を含む)、旧デリック又は揚貨装置運転士免許を有する者
[免除科目]:学科試験(力学に関する知識)、実技試験(運転のための合図
2.移動式クレーン運転実技教習を修了した者で、その修了した日から起算して1年以内のもの
[免除科目]:実技試験(学科試験のみの受験でOK)
3.鉱山においてつり上げ荷重が5トン以上の移動式クレーンの運転の業務に1ヵ月以上従事した経験を有する者
[免除科目]:実技試験(学科試験のみの受験でOK)
4.移動式クレーンの学科試験に合格した者で、その学科試験が行われた日から起算して1年以内のもの
[免除科目]:学科試験全て(実技試験のみの受験でOK)
5.床上操作式クレーン運転技能講習を修了した者
[免除科目]:実技試験(運転のための合図)
6.小型移動式クレーン運転技能講習を修了した者
[免除科目]:実技試験(運転のための合図)
7.玉掛け技能講習を修了した者
[免除科目]:実技試験(運転のための合図)
試験時間 ◆学科試験:2時間30分
◆学科試験(科目免除者):2時間
合格基準・合格率
・レベル等
科目又は範囲ごとの得点が40%以上で、かつ合計点が60%以上の得点
合格率は60%前後
合格発表 (財)安全衛生技術試験協会実施の[労働安全衛生法に基づく免許試験]を受験する際の試験結果について
※免許試験の結果通知
・合格の場合は「免許試験合格通知書」として結果を通知
・それ以外の場合は「免許試験結果通知書」で結果を通知
◆学科と実技のある試験について
1.学科試験に引続いて実技試験をセンターで受験する場合
・学科試験合格の場合は「実技受験票」として結果を通知
・それ以外の場合は「免許試験結果通知書」で結果を通知
2.学科試験に引続く実技試験を受験しない場合(実技教習を受ける場合)
・学科試験合格の場合は「免許試験結果通知書」に「学科試験合格・実技試験未受験」と表示
・それ以外の場合は「免許試験結果通知書」で結果を通知
受験料 ◆学科試験:6,800円
◆実技試験:11,100円
試験場所 北海道安全衛生技術センター(北海道恵庭市)
東北安全衛生技術センター(宮城県岩沼市)
関東安全衛生技術センター(千葉県市原市)
中部安全衛生技術センター(愛知県東海市)
近畿安全衛生技術センター(兵庫県加古川市)
中国四国安全衛生技術センター(広島県福山市)
九州安全衛生技術センター(福岡県久留米市)
実施団体等 財団法人 安全衛生技術試験協会
管轄 厚生労働省

 

大型免許大型免許の特しゅる免許