精神保健福祉士:人気の国家資格取得@通信講座・スクールナビ

精神保健福祉士の試験情報について

資格名 精神保健福祉士
資格の概要 精神保健福祉士は、社会福祉士・介護福祉士と並ぶ福祉の国家資格(通称/三福祉士)のひとつ
精神保健福祉士は、精神障害者の保健及び福祉に関する専門的知識及び技術をもって、精神障害者の社会復帰に関する相談援助を行なう者で、精神障害者の保健及び福祉分野に特化したソーシャルワーカーです。
資格の種類 国家資格
受験資格 1.4年制大学で指定科目を修めて卒業した方
2.2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した方
3.精神保健福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した方
4.精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方
など、他に細かい規定があるので、厚生労働省のHPにてご確認ください!
願書受付・方法等 9月上旬〜10月上旬
受験区分等 精神保健福祉士検定
試験期日 ◆筆記試験:1月下旬
◆実技試験:3月上旬
試験科目・
内容・方法等
◆筆記試験[15科目]:
(1)人体の構造と機能及び疾病
(2)心理学理論と心理的支援
(3)社会理論と社会システム
(4)現代社会と福祉
(5)地域福祉の理論と方法
(6)福祉行財政と福祉計画
(7)社会保障
(8)低所得者に対する支援と生活保護制度
(9)保健医療サービス
(10)権利擁護と成年後見制度
(11)精神医学
(12)精神保健学
(13)精神科リハビリテーション学
(14)精神保健福祉論
(15)精神保健福祉援助技術
試験時間 詳細は実施機関にご確認下さい!
合格基準・合格率
・レベル等
合格基準は総得点の60%程度
合格率は60%前後
合格発表 3月中旬
受験料 9,750円
試験場所 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県
実施団体等 (財)社会福祉振興・試験センター
管轄 厚生労働省

 

ケイコとマナブ.net精神保健福祉士