保育士試験:人気の国家資格取得@通信講座・スクールナビ

保育士試験情報について

資格名 保育士試験
資格の概要 保育士とは、児童福祉施設において児童の保育に従事する者で、保育士の資格は、厚生労働省管轄の福祉の国家資格の一つです。
子供が大好きで、子供と関わる仕事をしたい人には、以前から根強い人気があり、ご自分で子供を育てた経験がある女性には特に有利な仕事です
資格の種類 国家資格
受験資格 ・大学に2年以上在学して62単位以上修得した方(習得の見込みも含む)
・短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程(学校教育法で認可されている、修業年限2年以上)の卒業者(卒業見込みも含む)
・規定の期日までの高校卒業者
・規定の期日までの高校保育科卒業者
・高校卒業後、児童福祉施設で2年以上の児童の保護に従事した方
・児童福祉施設で5年以上の児童の保護に従事した方

上記以外に細かい規定があるので、(社)全国保育士養成協議会 保育士試験事務センターのHPにてご確認を!
願書受付・方法等 4月上旬〜5月中旬頃
受験区分等 保育士試験
試験期日 ◆筆記試験:8月上旬頃
◆実技試験:10月中旬頃
試験科目・
内容・方法等
◆筆記試験(2日に分けて実施):
1.社会福祉
2.児童福祉
3.発達心理学及び精神保健
4.小児保健
5.小児栄養
6.保育原理
7.教育原理及び養護原理
8保育実習理論
※8科目すべて合格した者が有資格者となり、合格した科目に関しては3年間の間は試験免除の対象となります。
※幼稚園教諭免許所有者は、免除申請をすることにより、発達心理学、教育原理、実技試験が受験免除となります。
※指定保育士養成施設において科目履修等により筆記試験に対応する教科目を修得した場合、筆記試験科目が免除されることになります。
例)対応する科目
1)社会福祉=[社会福祉]、[社会福祉援助技術]
2)児童福祉=[児童福祉]、[家族援助論]
3)精神保健=[精神保健]、[障害児保育]
4)小児保健=[小児保健]
5)小児栄養=[小児栄養]
6)保育原理=[保育原理]、[乳児保育]
7)養護原理=[養護原理]、[養護内容]
8)保育実習理論=[保育内容]、[基礎技能]
※対応する教科目は指定保育士養成施設によって異なるので、修得した教科目が筆記試験科目に対応するかどうかは、卒業した(教科目を修得した)学校に確認する必要があります。
◆実技試験:
※幼稚園教諭免許所有者を除く、筆記試験全科目合格者のみ行なう
※幼稚園教諭免許所有者以外は、受験申請時に下記1)〜3)の中から必ず2分野を選択すること
1)音楽
・課題曲の両方を弾き歌いすること(楽譜の持込可)
・楽器は、ピアノ、ギター、アコーディオンのいずれかで演奏すること
*ピアノ以外の楽器は持参すること
*ギターはアンプの使用を認めないのでアコースティックギターを用いること(カポタストの使用は可)
*アコーディオンは独奏用を用いること
*前奏・後奏を付けるのは可
*歌詞は1番のみで、移調して歌うのも可
2)絵画制作
・課題の表現に関する条件は試験の当日に提示
・鉛筆またはシャープペンシル(HB〜2B)、色鉛筆(12〜24色)、消しゴムを各自用意すること
*色鉛筆は油性色鉛筆・水性色鉛筆も可
*水性の場合、水分を塗布することは禁止
*クレヨン・パス・マーカーペン等の使用は不可
3)言語
・各自あらかじめ用意した童話等を3分以内にまとめて話す
*自分の前にいる20人程度の3歳児クラスの幼児に集中して話を聞かせる時間という想定のもとに話す
*話は、童話・昔話等自由
*台本・道具(人形・絵本)等の使用は一切禁止(失格になるので注意)
*3分間以内の退出は不可(タイムキーパーの時間計測あり)
試験時間 ◆筆記試験
1.社会福祉:1時間
2.児童福祉:1時間
3.発達心理学及び精神保健:30分×2=1時間
4.小児保健:1時間
5.小児栄養:1時間
6.保育原理:1時間
7.教育原理及び養護原理:30分×2=1時間
8保育実習理論:1時間
◆実技試験
1)音楽:要確認
2)絵画制作:45分
3)言語:3分以内
合格基準・合格率
・レベル等
◆筆記試験
1.社会福祉:100点満点
2.児童福祉:100点満点
3.発達心理学及び精神保健:各50点満点
4.小児保健:100点満点
5.小児栄養:100点満点
6.保育原理:100点満点
7.教育原理及び養護原理:各50点満点
8保育実習理論:100点満点
◆実技試験
1)音楽:50点満点
2)絵画制作:50点満点
3)言語:50点満点
※各科目・分野において、満点の6割以上の得点で合格
・[発達心理学]および[精神保健]は、同年に両科目とも6割以上の得点で合格
・[教育原理]および[養護原理]も、同年に両科目とも6割以上の得点で合格
・実技試験は、受験申請時に2分野を選択し、同年に両分野とも6割以上の得点で合格
全科目合格者の合格率は20%前後
合格発表 ◆筆記試験:9月中旬〜下旬
◆実技試験:11月中旬〜下旬
※下記の通知書をそれぞれの合格者に送付
保育士試験に合格した方…[保育士試験合格通知書]
筆記試験で1科目以上合格した方…[保育士試験一部科目合格通知書]
(筆記試験合格科目がない方への送付は無し)
※合格した筆記試験科目は、科目毎に合格した年を含めて[3年間有効]
※保育士試験合格通知書を受領したのち、保育士登録を行い保育士証の交付をもって保育士として就業が可能
受験料 12,700円
試験場所 各都道府県指定の試験会場
実施団体等 (社)全国保育士養成協議会 保育士試験事務センター
管轄 厚生労働省

 

ユーキャンの通信講座
<保育士講座